パテックフィリップ カラトラバ買取について。

カラトラバなどパテックフィリップの時計の買取に関するインターネット上での評判。

mharisuddin top watch

パテックは時計の王様です。 クリスティーズがスイスジュネーブ開催の時計オークションで、1943年に製造されたパテックフィリップ社のカレンダー付きクロノグラフRef.1518が、競売に出されたイエローゴールドの時計として世界最高金額、腕時計全体でも歴代2位の約5億2200万円(約626万スイスフラン)で落札となった。

丸いフェイスにシンプルな三針のいたっってシンプルなルックスなのがパテックフィリップの「カラトラバ」というモデルだ。 数十年前からほとんど基本的なデザインを変更しないカラトラバは既に腕時計の完成形ということができるのではないでしょうか。 そのようなカラトラバはやはり中古になって時計店に売りに行ってもしっかりとした値段がつくものだ。
質屋でも時計屋でもブランド時計を扱っている店であれば、やはり扱いたいと思わせる何かがこのモデルにはあるのだろう。

余談だがパテックの時計は買取価格が高いので、時計を購入して売却してもほとんどの場合で大きく損することはない。
やはり新品から中古になってしまうときの価格の落差は大きいのだけれども、中古のパテックはどんなに世界が不況になろうともそれなりの価値を持ち続けているといえるのではないでしょうか。
ただし実際に売る場合には注意が必要です。パテックフィリップはあらゆる人にとって価値があるもの、(たとえばお金)のようなものではなく、分かる人にはわかる価値がある腕時計です。
つまりパテックの知識が乏しい買取店にお願いしても高価買取ができるわけはないのです。

最近ちまたで利用者が増加中なのが、現物を見て査定するブランド腕時計専門の一括査定というサービスです。
売りたいタイミングで、一番高い値段をつける買取店が買い取りをするから、いつでも高値、というわけです。
ぜひ利用してみてはいかがだろうか。

2012年2月追記
パテックの売却や買取相場に関連したサイトは最近はかなりたくさんあってわかりにくいですが、こちらのサイトにはパテックの買取査定の実績がいろいろ掲載されているので、参考にしてみてください。 パテックフィリップの主要なモデル一覧
カラトラバ ベストセラーや定番という言葉がこれほどに似合う腕時計はないだろう。